地域民の備忘録

「噛む(かむ)」事を再認識しました

担当者 2018-08-24

市民講座「脳の科学」を聴講して、脳の衰えを防ぐ為のひとつとして、噛む事の重要性に改めて気付かされました。

講師は、武蔵野大学薬学部の阿部和穂教授で、ヒトの脳のつくりから「認知症」までを、分かりやすく親切に講義いただきました。

その中で、脳の衰えを防ぐためにできる8つの事を教わりました。 例えば、「出来るだけ沢山の食材を使って栄養バランスのとれた食事をとる」「ストレスのない暮らし、楽しい事をする」の中に、「よく噛んで食べる」がありました。

噛む事により、あごとこめかみの血流が活発になり、脳への血流が良くなるとの事でした。 あらためて「8020運動」やチューイングガムのコメントを想い返した次第です。

そう言えば、ここ何年かチョコレートやカカオの健康軸の商品化は著しいですが、ガムや煎餅の健康軸は聞かなくなったような気がします。  頑張れ!ガム。

一読おススメ図書は、「認知症いま本当に知りたいこと101」(著者:武蔵野大学薬学部教授阿部和穂、出版:武蔵野大学出版会)